知念岬 −ちねんみさき−

閑静な青と緑の公園、知念岬公園

                                            岬からの眺望(北東方向の海岸線)

沖縄本島南部の東海岸に位置する「知念岬」。その先端地を美しく整備し公園としてOPENさせたのが2000年のゴールデンウィークだった。全体を完成させるのにその後も期間を要したが、周囲の自然景観を損なうことなくシンプルな造りの施設は静かにスタートした。

7500平米の敷地はふたつの広場を有し、”オーシャンビュー広場”、”陽迎広場”と名付けられている。この公園はもともと岬と呼ばる高台に造成されているので、海岸線は美しく絶好の景観を誇っている。陽光の昇る情景が秀逸との評判も高く、生まれて日の浅い公園だが早くも新年の”初日の出”詣での名所になりつつある。


前述の通り、けれんみのないシンプルな造りだが公園敷地内は決して単調でなく、高低差のあるビューポイントを楽しめるよう変化に富んだ構えになっている。だから水平線上に浮かぶ久高島、コマカ島の景観や海の色まで微妙な変化を見せる。

また照明具も背の低いフットライトはあるが身長より高い照明設備はまったく見当たらない。これが何を意味することかと云えば、星座鑑賞の妨げにならないよう配慮しているということ。つまり降り注ぐ星の光を満喫できることを約束しているのである。

そして週末ともなると色とりどりのパラグライダーが目の前を飛び交い、絶壁の海岸線を舞う鳥人たちの乱舞が見られることも。この高台の条件がパラグライディングには適合するらしく、ベテランのパラグライダーたちが集まる新スポットになりそうな気配だ。

「知念岬」の旅ブログページへ


知念岬公園

住所 南城市知念字久手堅523
電話 098−947−1100 南城市文化センター
開園時間 9:00〜22:00
施設 東屋休憩所/駐車場30台(無料) 注:トイレ・売店なし

交通 那覇空港より 50分(国道329号線を与那原方面へ−与那原警察署前
     で国道331号線へ−体育センター入口を左折
   BUS 那覇BTから60分−バス停 「体育センター入口」 徒歩3分