百名ビーチ 〜 新原ビーチ

 神の降臨した伝説の浜辺、”百名ビーチ” 百名ビーチ −ひゃくなびーち−

沖縄南部地域における遊泳ビーチは、現在では南城市の東海岸に集中している。その海岸線にあって、百名ビーチ」と「新原ビーチ」は巨大な石灰岩ひとつで繋がっている長大な海岸だ。

「百名ビーチ」は遊泳もできるが、地元民からは聖域の浜として大切にされている場所でもある。琉球の創始神と信じられている”アマミキヨ”が久高島から本島に渡って最初に上陸した浜がこの百名の浜と云われている。その上陸地点を示すためか海水洗う浜の真ん中に石碑”ヤハラヅカサ”が建てられ、満潮時は海に没し干潮時には全容を現わす。

参拝には干潮を待たねばならないユニークな碑塔”ヤハラヅカサ”に加え、浜辺から少し入った所には拝所”浜川御嶽”があったりと、ビーチか史跡か判然としない海岸が「百名ビーチ」の最大の特徴と云えるだろう。


干潮時に姿を現した”ヤハラヅカサ”の碑(左写真)


このような謂われのある海岸のためか、遊泳ビーチにあるような施設は一切無く、自然のまま残されたようなビーチだった。

シャワーや更衣室などは浜つづきの「新原ビーチ」に設営されているのでそちらを利用できる。

また干潮になると左の写真でもお分かりのように干潟の様相を呈し、遠浅の浜辺なので沖の方まで干潟が広がり海の小生物と戯れる楽しみが加わる。

フラワーギフト

 リーフまで歩ける浜辺、”新原ビーチ” 新原ビーチ −みーばるびーち−

百名ビーチの波打ち際を南へ歩いてゆけば自然に新原ビーチに入る。砂浜に浮くような大きな石灰岩がありその先からが新原の浜になる。百名・新原合わせ全長2kmに及ぶ海岸線が横たわる。

新原ビーチにはグラスボートの発着用桟橋が突き出しており、浜には常設休憩のテントや引き上げられたボートなどが多数見られる。自然のままで穏やかな百名ビーチにくらべ新原ビーチは躍動している。マリンスポーツを楽しむ人も多く、この浜にある「みーばるマリンセンター」が一手に引き受けているようだ。

                                    浜に引き上げられたボートの先に見えるのがグラスボート発着場

遠浅の浜辺なので干潮時になるとかなり沖合まで干潟のような地表が現れ、リーフまで歩いて行けるようになる。リーフ鑑賞から貝殻探し、日だまりの小魚やカニとも遊ぶ楽しみができるかわりに、遊泳域が遠のくことになる。干潟の先での遊泳は流れの速いところもあるので注意したい。

満潮時には遊泳を楽しみ干潮時にはグラスボート(船底がガラス張りで海中を鑑賞するボート)に乗って海中散歩のような体感経験をするなど一日中いても飽きることはない。

開発された人工のリゾートビーチにはない素朴さがあり、白砂を敷き詰めたような景観こそないが砂も岩も天然のままの味わいを持つ。地元の遊泳客中心のビーチなので旅行者にとっては穴場のビーチと云える。


「百名ビーチ」の旅ブログページへ


百名ビーチ/新原ビーチ

住所 南城市玉城字百名
電話 098−947−1100 南城市観光・文化振興課
遊泳利用 無料
遊泳期間 4月〜10月 9:00〜18:00
施設 すべての施設は新原ビーチ側/シャワー・更衣室・トイレ・自販機・
    駐車場50台以上(有料)・近くに飲食店有り

交通 那覇空港より 50分(国場から与那原町経由南城市を目指す
     −県道137号線を百名方面へ向かうと国道331号線と合流−
     合流点を右折し百名入口を左折)
   BUS 那覇BTから60分(百名線39号)−
       百名ビーチ:バス停 「百名入口」 徒歩10分
       新原ビーチ:バス停 「新原ビーチ前」徒歩5分


沖縄食材お土産通販