壺屋やちむん通り −つぼややちむんどおり−

300年の歳月を刻む焼物の町

写真左:正面の建物が戦災を免れた東ヌ窯(あがりぬかま)、赤瓦に乗ったシーサーにも年輪を感じさせる風格がある


琉球の長い歴史のなかでも伝統があり生活にしっかり根づいている焼物。沖縄では「やちむん」と呼び、その匠の工芸を今に伝えている。各地に点在していた陶工を、琉球王府の命でこの壺屋(つぼや)に集めたのは300年以上も昔の1682年のこと。ここで発祥した壺屋焼は線彫りと赤絵の特徴ある焼物として今では広く親しまれている。

国際通りから平和通りに入り、そのまま歩けばやちむん通りと自然につながる。道の両側に陶器直売店、工房、窯などが並ぶ通りは、ひめゆり通りと交わるところまで350mもつづく。やちむん通りに入るとすぐに壺屋焼物博物館の建物が目に入る。1、2階が常設展示、3階が企画展示になっており、かるく見学するだけでも壺屋焼の制作技法が分かり興味が湧いてくる。


釉薬(ゆうやく)をかけ焼き上げる上焼(じょうやち)と無しで焼く荒焼(あらやち)の2種があり、生活道具の瓦や水瓶などは荒焼で、大皿や花瓶など鑑賞や嗜好傾向のあるものはもっぱら艶のある上焼で焼き上げることも分かってくる。

この程度の知識でもあった方が、このあとの「やちむん通り巡り」の楽しみが倍加すること請け合いである。


戦後復興で国際通りの見事な再生を在留アメリカ人記者が「奇跡の1マイル」と評したという。しかしその背景にはこのやちむんが重要な役割を果たしていた。

全面焼け野原となった那覇で、それこそ奇跡的に被災しなかった陶器窯があった。東ヌ窯(あがりぬかま)と呼ばれるその窯にいち早く陶工が戻り、生活に必要な道具を再び焼くことになった。そして周辺には人が戻り、集まり、生活をはじめたのである。人が集まり生活するところに市が立つのは必然と云える。闇市が活況を呈し、周辺が発展してゆくことになったのである。

このやちむん通りは300年以上の伝統以外に、そういった昭和史の背景や人間国宝(陶工)の輩出、名品の誕生など那覇の人たちにとって特別なアイデンティティーを示すものになっている。

東ヌ窯は今も現存するが、私有地のため外観鑑賞のみとなっている。もうひとつ見学できる窯がある。1992年に閉窯となった南ヌ窯(ふぇーぬかま)である。上焼の東ヌ窯に対し、荒焼中心の名窯として知られる。また35軒以上の陶器直場所や店がひしめき、同じ壺屋焼でもそれぞれ意匠を尽くした陶器が綺羅星のように並ぶ。

Yachimun-St3.jpg

「やちむん通り」の旅ブログページへ


壺屋焼物博物館

住所 那覇市壺屋1−9−32
入館料 315円(大人) 210円(高・大) 105円(小人)
開館時間 10:00〜18:00(入館17:30まで)
お休み 月曜
駐車場 無料(3台)
電話 098−862−3761

交通
 ゆいレール 牧志駅・美栄駅から徒歩12分
 BUS 那覇BTから8分(ルート便多数)−バス停 「三越前」 下車10分
 車 那覇空港より20分(国道331号線を北上−国道58号線から国際通り方面へ
    壺屋焼物博物館までのルートが複雑なうえ一通が多いので国際通り周辺
    にある駐車場を利用した方が速い)