海洋博記念公園 − 植物園〜水族館〜ビーチ −

熱帯の太陽と花と植物に囲まれて  熱帯・亜熱帯都市緑化植物園〜熱帯ドリームセンター

熱帯・亜熱帯都市緑化植物園(左上・中央下)熱帯ドリームセンター 回廊(中央上)蘭(右上・左下)オオオニバス(右下)

海洋博記念公園は本島北部の西に張り出した本部地区にある。西側海岸の南北を占有する広大な公園だ。一番人気の「美ら海(ちゅらうみ)水族館」を中心に南には屋外の「熱帯・亜熱帯都市緑化植物園」、屋内の「熱帯ドリームセンター」、北には「エメラルドビーチ」などの施設を抱えている。

公園には4ヶ所のゲートがあり、南・中央・北そしてさらに北に備瀬ゲートという4つ。記念公園前のバス停は中央ゲートのそばにある。

南ゲートに近い熱帯・亜熱帯都市緑化植物園は単純な植物園ではない。耐潮風の植物がグループごとに植栽されている。潮風害に強い植物が地表を覆う芝などからガジュマルまでの高木までグループごとに、ゲートから約1kmにわたる2万坪の敷地に展開する。なおこの植物園は入園無料で見学自由。

そしてその先には熱帯ドリームjセンターがあり、この屋内植物園には熱帯・亜熱帯の花と果樹が多種類生育されている。なかでも3つもある蘭の温室には2000株も展示されており圧巻である。

また庭園の中にあるバベルの塔のような遠見台に登ると庭園外周も見渡せるばかりか東シナ海の眺望も楽しめる。



南海の水族館は海洋生物の宝箱  美ら海水族館 −ちゅらうみすいぞくかん−

イルカのショーが見られるオキちゃん劇場(左上)水族館の全景(右上)黒潮の海と名付けられた巨大な水槽(左下)アオヒトデやクロウミガメ(中央下)大型水槽の底部になるアクアルーム(右下)

沖縄美ら海水族館は北口ゲートからほどないところに建っているが、中央ゲートから歩いてもすぐにアクセスできる。敷地3000坪の敷地に4層の堅牢な建物としてそびえ、背景の東シナ海と相まって雄大な景観を創っている。

中でも人気なのはジンベエザメとマンタで、1、2階をぶち抜いて造られた巨大な水槽 「黒潮の海」 で悠々と泳ぐ姿は壮観。ジンベエザメの複数飼育を世界で初めて成功させているのもこの美ら海水族館だ。もっとも今では大阪の「海遊館」でも複数飼育を行なっている。

またここでは珊瑚も大規模に飼育しており、2階サンゴの部屋・3階サンゴ礁への旅という観察スペースでじっくり観賞できるのも特徴のひとつだ。

屋外にもいくつかの施設が完備され水生動物を観賞し愉しむことができるようになっている。イルカと触れあったり、ショーを楽しめる「イルカラグーン」「オキちゃん劇場」、多種のウミガメを水上・水中で観察できる「ウミガメ館」、人魚のモデルになっていると云われるマナティーのいる「マナティー館」などである。


緑と青の色が溶ける海辺で  エメラルドビーチ

エメラルドビーチは、沖縄と云えども数少ない最高の水質AAを誇る希少なビーチだ。富着海岸線にあるサンマリーナホテル前のビーチと同じ高レベルの水質である。

海洋博の跡地に設営されたビーチらしくあらゆる面での配慮が行き届いている。ビーチの位置により「遊びの浜」「憩いの浜」「眺めの浜」と名付けられており、3000人の遊泳客でもアクセプタブルだと豪語するビーチである。

何よりも注目したいのは、このビーチが珊瑚のラグーン(礁湖)内に形成されていること。また海洋情報も風速から波まで情報を掲示板に示してくれる確かさだろう。

海洋記念公園は上記3スポットに限らず、さらに広大なテリトリーを楽しめる箇所が点在している。公園内を巡るプロムナード、夕陽の広場、沖縄郷土村、海洋文化館....一回の訪問で一日は費やしてしまうほどの広大さであることは間違いない。

沖縄郷土村(左)夕陽の広場へつづく階段(中央)ノグチゲラの緑のオブジェ(右)


「海洋博記念公園 −熱帯・亜熱帯都市緑化植物園−」の旅ブログページへ


「海洋博記念公園 −熱帯ドリームセンター−」の旅ブログページへ


「海洋博記念公園 −美ら海水族館−」の旅ブログページへ


「海洋博記念公園 −エメラルドビーチ−」の旅ブログページへ


熱帯ドリームセンター

住所 国頭郡本部町字石川424
開園時間
 8:30〜19:00(3月〜9月)/8:30〜18:00(10月〜2月)
 入館料 大人670円 小人340円 休園 12月第1水曜及びその翌日

問合せ 0980−48−2741

美ら海水族館

住所 国頭郡本部町字石川424
開館時間
 8:30〜20:00(3月〜9月)/8:30〜18:30(10月〜2月)
 入館料 大人1800円 高校生1200円 小・中学生600円
 休館12月第1水曜及びその翌日

問合せ 0980−48−3748

エメラルドビーチ

住所 国頭郡本部町字石川424
施設
 遊泳時間 3月1日〜9月30日 8:30〜19:00
       10月1日〜10月31日 8:30〜17:30
 遊泳料・シャワー・ビーチバレー用具 無料
 ビーチパラソル・ビーチマット・ロッカー有料
 ビーチハウス・ビーチスナックなどの売店と軽食

問合せ 0980−48−2741

交通 車 那覇空港より 150分(国道58号線を北上−国道449号線−県道114号線経由海洋博公園まで)
    BUS 那覇BT 120分(名護西線20番)−名護BT50分(本部半島線65・66番)− 「海洋博公園前」 下車徒歩5分