真栄田岬 −まえだみさき−

    ダイバーが集まる人気の海岸岬


真栄田岬と刻まれた路標の碑



リゾートビーチがひしめく恩納村にあって万座毛に次ぐ岬がこの真栄田岬である。しかもこの岬は初心者からベテランまで多くのダイバーたちをひきつける人気のダイビング・スポットでもある。

岬の展望台からは東シナ海が広がり、西には残波岬、東には万座毛の断崖が一望できる。展望台の近くから海に降りられる階段が設置されており、ダイビングやシュノーケルの道具を抱えた訪問者の往来が絶えない。

クマノミ、ツバメウオ、ウミウシ、カンザシヤドカリ、サンゴ、ナマコ ....多種の生物に出会える海としてダイバーたちに名高いエリアだ。またこの近くには 「青の洞窟」 というダイバーたちを強くひきつけているもうひとつの名所がある。

海中に半没した洞窟で上部から差し込む太陽光が白砂の海底に反射し、海面を青く浮き上がらせているとても幻想的なスポットだ。

     崖下には「青の洞窟」が(左) エントリーポイントへ降りる100段近い階段(右)

通常 「青の洞窟」 へは船による接近か、前述の階段下のエントリーポイントより海中へ出て洞窟へアクセスするかだが、干潮時には岩づたいに移動できるのでシュノーケリングでも楽しめるという。

岬には村営と思われる施設が完備されており、ダイビングやシュノーケリングの用具などをレンタルしていたり、フリースペースではグループごとに講習会などが繰り広げられている。屋内では軽食もとれる休憩所も設けられていた。

                   施設は明るく清潔な印象でまだ新築されたばかりのようだ

夏場になればこの施設の近くに よしず張りの小屋ができ、”沖縄そば”や”かき氷”を出す季節限定の簡易食堂もあらわれる。

また施設裏には温水シャワーや更衣室なども完備されており、マリンアクティビティーを愉しむ訪問者には好条件の環境と云える。

水遊び以外の訪問者にも、この絶景ポイントを満喫できるよう整備がされている。

メインの展望台を筆頭に綺麗に芝が敷かれた芝生の広場、夕景が美しいと評判の夕陽の広場などが用意されていた。


岬を中心にして東西にかなり長い遊歩道が伸びているが、途中何か所か東屋風の休憩所があるので、落ち着いた散策も心ゆくまでエンジョイできる。

ところどころ緑の濃い場所には自生するアダンが実をつけ南国の興趣を添えてくれたり、パラグライダーで大空を舞いながら岬ぎりぎりを飛翔する鳥人たちの光景に出逢えたりもする。

恩納村もこの真栄田岬の少し西で終わり読谷村の領域にとって代わる。読谷村には残波岬が横たわるが、距離はそれほど離れてもいない同じ海岸線だが、広く開かれた残波岬に比べやや閉鎖感のある真栄田岬だった。しかし、その分落ち着いた静けさはまた格別の味を持っている。


「真栄田岬」の旅ブログページへ


真栄田岬

住所 国頭郡恩納村真栄田469
施設 駐車場(160台)有料/軽食/ショップ/トイレ/シャワー/コインロッカー

問合せ 098−966−1280 (恩納村役場商工観光課)

交通 車 那覇空港より 65分(国道58号線を北上−山田交差点左折−
     県道6号線直進−真栄田岬入口の案内を右折−真栄田岬まで)

    BUS 那覇BT 75分(名護西線20番・120番)−バス停 「久良波」 下車・
     乗り換え(石川〜読谷線48番)−バス停 「真栄田」 下車徒歩7分
     (バス停「久良波」から徒歩20分)