海中道路〜伊計島

4つの島へと誘ってくれる海上の道  海中道路 −かいちゅうどうろ−

護岸階段(左上)、海の駅「あやはし館」(左下)、海中道路全景(中央)、へんざ海中大橋(右上)、ロードパーク(右下)

沖縄本島の中北部にある太平洋へ大きく突き出た与勝半島。そこから離島へと伸びた4.75 kmの海中道路。この道路により平安座島(へんざ)、宮城島(みやぎ)、伊計島(いけい)そして浜比嘉島(はまひが)の4つの離島が本島とつながっている。

昔の島民は干潮時になると海面から顔を出した土手堤のような道を徒歩で往復していたようで、戦後になると米軍より払い下げられた水陸両用トラックが往来するようになったという。しかし、いずれにせよ満潮時には小型船を利用するよりほかなかった。

潮の干満で往来を制限され不便に感じていた島民により、1961年には海の中を走る道路建設が着手されたが台風頻出で頓挫。その後1970年には米ガルフ社の石油基地建設の見返りとして海中道路建設がスタートし1972年に2車線の海中道路が完成する。

ロードパーク前にある歩道橋からは各景色が楽しめる

現在の4車線からなる「海中道路」に再整備されたのは、平成11年(1999)というからまだ10年ほどしか経過していない。

道路も新しく途中に設けられた ”ロードパーク” には うるま市の物産や鮮魚などを売る海の駅「あやはし館」や芝広場など、旅人を休息させてくれる絶好のポイントとなっている。

また本島に近い途中には船舶が航行できるように、全長280mの”へんざ海中大橋”が架かり、太平洋と金武湾の海水の流れを止めないように2つの水路まで完備されている。

干潮時には潮干狩りや海中散歩、満潮時にはマリンアクティビティに興じる光景が広がる親水エリアである。



海中道路を通る県道10号線はまず離島の平安座島に乗り入れ、石油基地のタンクの右側を縫うように海岸側に伸びている。石油タンクが終わるあたりに架かる桃原橋(とうばるばし)を渡ると宮城島である。

宮城島は縄文後期の跡と伝わる「シヌグ堂遺跡」と3つのビーチがあるだけの静かな島だ。南東の海岸にある「ウクの浜ビーチ」、「アクナビーチ」のふたつのビーチは細い村道しかないので、本島からの訪問者は北西海岸の県道沿いにある「トンナハ ビーチ」の方に集中する。

「トンナハビーチ」はこぢんまりとした遊泳ビーチだが、ジェットスキー、水上スキー、ダイビングなどほとんどのマリンアクティビティーをカバーしており、魚影も間近かに観察できるほど透明度の高い浜辺である。

本島から10kmの洋上に浮かぶ島  伊計島 −いけいしま−

「トンナハビーチ」の少し先に伊計島へと渡る橋がある。全長198mでアーチだけ赤く塗られた下路式アーチ橋、「伊計大橋」だ。まわりは海水に洗われた奇岩が海面のあちこちから顔を出している。

橋から300mほどで伊計ビーチに到着する。沖縄でも有数の美しい海として知られるビーチである。自然な姿もかなり残されており、透明度の高い海を堪能できるようグラスボートも運航している。

また伊計島の北端には「ビッグタイムリゾート伊計島」というリゾートホテルと云うよりはリゾートインに近い宿泊施設があり、ビジターも利用できるプールなどがある。ホテル敷地内だがフロントガーデンを突っ切ると伊計島の北端海岸にまで行ける。しかしそのビーチは白砂ではなく琉球石灰岩の奇岩でおおわれた少々寒々とはしているが変化に富んだ奇観を愉しめる。

そしてホテル横の村道を北西に向かうと伊計島灯台も観賞することができる。しかし目にも鮮やかな白亜の灯台はあるが、まわりは樹木が群生しており、昼でもなお薄暗く紺碧の海は残念ながろほとんど観賞できない。


「海中道路」の旅ブログページへ


海中道路

住所 うるま市与那城屋平4
施設 ロードパーク
 あやはし館(物産販売・レストラン)
    営業時間 9:00〜19:00(4月〜9月 10月から18:00まで)
 海の文化資料館  9:00〜17:00 休館 毎月曜・祝日
 管理棟 シャワー/コインロッカー/トイレ
 駐車場 300台 無料

問合せ
 098−965−5634(うるま市観光課)
 098−978−8830(あやはし館)/098−978−8831(海の文化資料館)

交通 車 那覇空港より 70分(那覇ICより高速道を利用−沖縄北ICを出て
       国道330号線を左折−栄比野の信号を右折し県道8号線を南下−
       金武湾入口の信号を県道37号線に乗りかえ−海中道路まで)

    BUS 那覇BT 100分(与勝線52番)−バス停 「JA与那城支所」 下車
        徒歩7分で海中道路西側


「トンナハビーチ」の旅ブログページへ


トンナハビーチ

住所 うるま市与那城上原8203
施設 シャワー/更衣室/トイレ/売店 (施設利用有料)
 駐車場 50台 500円
レンタルなどのサービス
 ビーチグッズ各種完備/ジェットスキー、ダイビングなどマリンアクティビティ体験可

問合せ 098−977−8321

交通 車 那覇空港より 75分(那覇ICより高速道を利用−沖縄北ICを出て
       国道330号線を左折−栄比野の信号を右折し県道8号線を南下−
       金武湾入口の信号を県道37号線に乗りかえ−海中道路経由
       −平安座島−宮城島トンナハビーチまで)

    BUS 那覇BT 110分(与勝線52番)−バス停 「JA与那城支所」 下車
        「JA与那城支所」 で平安座総合バスの伊計島行きに乗り換え−
        バス停「池味」徒歩5分


「伊計ビーチ」の旅ブログページへ


伊計ビーチ

住所 うるま市与那城伊計405
遊泳料 大人 400円 小人 300円
施設 シャワー/更衣室/ロッカー/トイレ/
        食堂/パーラー/自販機 (施設利用一部有料)
    駐車場 300台 (無料・入場料に含まれる)
レンタルなどのサービス
 ビーチグッズ各種完備/シュノーケルなどマリンアクティビティ体験可/BBQ可

問合せ 098−977−8464

交通 車 那覇空港より 75分(那覇ICより高速道を利用−沖縄北ICを出て
       国道330号線を左折−栄比野の信号を右折し県道8号線を南下−
       金武湾入口の信号を県道37号線に乗りかえ−海中道路経由
       −平安座島−宮城島−伊計島伊計ビーチまで)

    BUS 那覇BT 110分(与勝線52番)−バス停 「JA与那城支所」 下車
        「JA与那城支所」 で平安座総合バスの伊計島行きに乗り換え−
        バス停「伊計ビーチ前」スグ