浜比嘉島〜ホテル浜比嘉島リゾート

 遠い昔の潮騒が聞こえる島  浜比嘉島 −はまひがしま−

浜比嘉大橋(上)、漁港(下左・右)、ムルク浜(下右)

4.7キロの海中道路から第1番目の離島 「平安座(へんざ)島」に入るのだが、入ってすぐに右側に新たな橋が架かっている。もうひとつの離島である「浜比嘉島」へとつなぐ浜比嘉大橋である。

平成9年(1997)に完成した1430メートルの一直線に伸びる橋だ。橋を渡りきると、その県道238号はT字路となり、右は浜地区、左は比嘉地区に分かれる。

人口500人弱で半農半漁の離島らしく、昔ながらの自然が手つかずに残っている。比嘉地区にある比嘉漁港からは正面の海越しに「平安座島」の石油基地に並ぶ大きな石油タンクが視認できる。

                                                 ムルク浜ビーチは自然海岸らしく透明度が抜群

沖縄には琉球の国づくり神話が各地区にのこされている。創始神と信じられている ”アマミキヨ” が降臨したのは「久高島」という伝説は高名だが、その後、本島南部の百名ビーチに上陸し各地へ転々としたと云われる。百名のその上陸地点には干潮時だけ姿を現わす石碑 ”ヤハラヅカサ” が残されている。

ここ浜比嘉島にもそんな謂われのひとつがある。比嘉地区の漁港近くの小島にある”アマミキヨ”、”シルミキヨ”という琉球開祖の男女神の墓だ。そのまま海岸線を南へ行くと ”シルミキヨ” の霊場まである。

またこの浜比嘉島には3つのビーチがある。浜地区には「浜ふるさと海岸」という人口ビーチが、比嘉地区には「ムルク浜ビーチ」、「兼久ビーチ」というふたつの自然ビーチがある。

いずれも離島ならではの個性的なビーチだが、設備や利用勝手の良いのは「ムルク浜ビーチ」だろうか。しかもこのビーチからは目の前に見える無人島「南浮原島」へと渡れるツアーまで用意されている。



 離島の高台にある小さな小さな素敵なホテル  ホテル浜比嘉島リゾート

      トップフロアに設けられた小さなプールだが、そこからの景色は他のリゾートホテルにも引けをとることはない贅沢さだ

浜比嘉大橋を渡り島に入り県道238号線沿いに比嘉地区に進むとすぐに分かれ道にぶつかる。道なりにまっすぐ整備もされてない道を行くと前述の「ムルク浜」に向かい、右に折れ坂を登り切るとこの「ホテル浜比嘉島リゾート」の正面に着く。

正面のアプローチからホテル内に入館しても、構えたところのないこぢんまりとした空間が迎えてくれる。しかし野暮ったさは感じられない。もちろん観光地のようなあざとさなどは微塵もない。

フロントやラウンジのあるフロアは全面ガラス張りによる外観の奥行きで広く見える設計である。レストランから見えるプールや一歩出たプールサイドからの絶景は素晴らしく、そこから見下ろすムンク浜ビーチや無人島の遠景はホテル客だけが味わえる贅沢さと云える。

自然に溢れた「ムルク浜ビーチ」を専用ビーチとして遊べ、神々の癒しを感じるヒーリングホテルとして充実した時間を過ごせる空間である。

そして部屋料などリーズナブルなコストパフォーマンスもやはり大きな魅力のひとつになるだろう

レストランから1歩出るとプールサイド(左) ガーデンには涼しげなハンモック(中央下) ロビーフロア(中央上) ムルク浜(右上)


「浜比嘉島」の旅ブログページへ


ムルク浜ビーチ

住所 うるま市勝連比嘉202
施設 シャワー/マリンハウス(軽食・ショップ)/トイレ
    ビーチグッズ各種レンタル有り 駐車場 60台 500円(1日)

問合せ 098−866−1800(アクア ライン マリン クラブ)


ホテル浜比嘉島リゾート(旧名:マリンリゾートホテル浜比嘉)

住所 うるま市勝連比嘉202
施設 ゲストルーム 各種29室/大宴会場・会議室/レストラン/売店
    /展望台風呂/プール/ムルク浜ビーチ/駐車場70台収容

問合せ 098−977−8088

交通 車 那覇空港より 75分(那覇ICより高速道を利用−沖縄北ICを出て
       国道330号線を左折−栄比野の信号を右折し県道8号線を南下−
       金武湾入口の信号を県道37号線に乗りかえ−海中道路−浜比嘉
       大橋を右折)

   BUS 那覇BT 110分(与勝線52番)−バス停 「JA与那城支所」 下車
        平安座総合バスに乗り換え−バス停「比嘉港湾前」徒歩10分